<< Change is withi... American Homeless >>

The Start of the Great New Decade-2010

あっという間に年も明けてしまった。年末も31日まで仕事があるのは、金融業界の常。日本でも年末ギリギリまで仕事をしていたけれど、さすがに大晦日は休みだった。こちらでは、クリスマスは休みになるものの、大晦日も通常業務。深々と暮れ行く年の瀬に・・・という雰囲気とは真逆に、どんどん人が集まってくるタイムズスクエア。そう、ニューヨークの名物、どれだけ寒さに耐えて新年を祝えるでしょう大会、別名カウントダウンを目指して人々がやってくるのだ。ミッドタウンに位置するオフィスの周囲は、4時ごろに閉鎖が始まり、私がビルを出る頃には、ぐるりと遠回りをしなければならなかった。くたくたに疲れた体を引きずって、2010の形のふざけためがねや、あほのような帽子を被った人々の間を掻い潜って歩く。街角にいるサックスフォーン奏者が、「蛍の雪」を弾いているが聞こえて、無性に寂しくなる。大晦日に、あたしゃ何やってるんだか・・・ ガラガラに空いたバスに乗り、意味なく長い通勤ルートをぼーっと過ごし、仕事をしてなければ、家で新年を迎えるためのご馳走の一つや二つ作ってるのになぁなんて思ったりする。そういえば今年はクリスマスイブも仕事だったので、イブのディナーもなかった。
9時過ぎに息子を寝かしつけ、そのまま自分も寝てしまい、夫がアホんだらに明るい声で「ハッピーニューイヤー!」と起こしに来たのが11時59分。「えぇっ!カウントダウン、見たかったのに!!」とこの上なく不機嫌な声で言うと、「大丈夫、まだ20秒あるから!」とこれまたアホンダラに明るく言うので、とりあえずリビングルームに半目状態のまま降りて、テレビを見たら、もう画面には、10・9・8・7、とまさに数字が出るところ。あっという間に2010の数字が出て、クソ寒いタイムズスクエアでキスしまくる人々が映し出された。こんな形で新年かい、とすっかり冷め切った私は、も、寝る・・・とそのまま寝室に戻り、バッタリ寝てしまった・・・。

そんな新年の迎え方でしたが、みなさまにとって本年が良い年になりますよう。
[PR]
by akikogood | 2010-01-09 09:35 | 花鳥風月
<< Change is withi... American Homeless >>